医療訴訟の解決策

医療訴訟は簡単に解決することが難しい問題です。
理由としてはやはり医療というものは専門的な技術が必要なものであり、医者以外の目線からでは正常な判断をしにくいという点が挙げられます。
また、正常な判断をしにくいということは証拠が鮮明なものでない限りは調査に時間がかかるということであり、その時間の間は訴訟した被害者側も、訴訟されている医者側にも精神的な負担をかけることになります。
刑事訴訟の場合には立証により強い証拠が必要となるので、下手をすれば年単位になる可能性もあるのです。


そしてこの問題は医者側にも大きな影響をもたらします。
訴えられた側はまだ確定していないとはいえ「犯罪者」」として見られるようなものであり、周りの人間関係と本人自体の精神面に悪影響を及ぼします。
何よりこの医療訴訟という存在自体が医者に脅迫を与えるものになり「医療行為をすれば自分が犯罪者として訴えられる可能性が出てくる」として医者側に医療行為をさせることの抑止にもなってしまいます。


どちらの負担も軽くするために医療訴訟には幾つかの解決策が存在します。
そのどれもが基本的に医療のミスが本当にあったかどうかは分からず本当のことを立証するのは難しいという判断なため、訴訟に持っていかずに解決をするものになります。


その解決策の種類としてはADR、医療メディエーション、無過失保障制度、医療事故調査委員会といったものがあります。
もちろんどれもが解決方法としては違ってきます。
ではそれぞれの中身はどのようなものになっているのでしょうか?

▼外部リンク▼
B型肝炎の医療訴訟に関する相談を弁護士に無料で出来るサイトです → B型肝炎 弁護士

Copyright © 2014 医療訴訟解決Q&A All Rights Reserved.